シアリスは圧倒的な持続時間を持っています。最長で36時間の効果が得られます。
それはあくまで最大値なので毎回36時間、勃起力が得られるわけではありません。
しかし、平均的な値でも24時間以上の効果が得られるため、ED治療薬としては極めて有能です。

効果がいつ切れるか、不安を感じる必要がありません。
普通のカップルや夫婦の性行為であれば、まず途中で効果が切れてしまう事は無いです。
シアリスは米国などでウィークエンドピルとも呼ばれており、効果の長さを活かして週末の性行為を充実させるために使うカップルが多い事に由来しています。

平均で24時間以上の効果が続くため、実質的に土曜日から日曜日にかけて2日間にわたり性行為の悩みが解消します。
土曜日の夜に性行為を楽しみ、そして翌日の日曜日の朝からお昼、そして夕方までシアリスであれば安定した勃起力が得られ、週末という自由時間に快適な性生活が過ごせます。
今までは一夜に一度の性行為が限界だった男性もシアリスの力を借りれば連続して性行為が楽しめます。

シアリスの主成分はタダラフィルです。
タダラフィルは持続時間が長い利点に加えて、食事やアルコール成分に弱くない特徴を持っています。
そのため食後や飲酒後でも服用が認められています。
あくまで常識な食事、お酒の量に限りますが、よほどの暴飲暴食をしない限りは、自由なタイミングでシアリスが服用可能です。

副作用の内容は主にめまいや動悸や頭痛となります。いわゆる風邪の症状に似ているとも言われています。
服用後、効果が高まるにつれて副作用は現れます。タダラフィルは優しく作用するため、副作用をほとんど実感しない方も多いです。

ただし、めまいや動悸などが出るリスクがあるため、出来れば帰宅後や休日といったプライベートなスケジュールの時に服用しましょう。
自宅であれば副作用が出ても直ちに安静な姿勢に移れます。
シアリスの副作用はいずれも軽い症状で、効果がピークに近づくにつれて自然と収まっていきます。

シアリスの副作用について紹介

シアリスの有効成分であるタダラフィルは遅効性なので、急激に体調が変化するのではなくゆっくりと時間をかけて効果が出てきます。
そのため副作用が起こるタイミングも即効性の薬に比べると緩やかなのが特徴です。

シアリスを服用した人によくある症状は、軽い頭痛やめまい、動悸、筋肉痛や疲労感などです。
3割程度の人が何らかの副作用を感じていますが、ほとんどの場合は時間が経過すると自然に元通りになって回復するので、性行為に影響を及ぼしたり耐えられないほどひどい体調変化が起こることはありません。

持続時間の長い薬なので服用後は最大36時間も勃起しやすい状態が続きますが、副作用は最初の数時間で消えるのが一般的で長時間悩まされるケースは稀です。
それでも頭痛が慢性的に続いたり、動悸が激しくなって不安を感じたりした場合は一度シアリスの使用を中止して専門家の診察を受けたり医者に相談するようにしましょう。

有効成分の含有量によっても体調変化に差があるので、小柄な人が用量を多く飲んだときや初めて使用する場合には副作用が発生する確率も高まります。
使用しても全ての人がめまいなどを感じるわけではなく、ほかの薬に比べると緩やかに作用するため体に優しいと言われています。
初心者にも比較的使いやすくて、急激なのぼせや息切れ、心拍数の増加などに悩まされたり顔が真っ赤になって薬を飲んだことを相手に知られたりする心配もないのがシアリスの魅力です。

正しく使えば圧倒的に持続時間が長く、タイミングを気にせず使えて性行為を楽しめる薬なので、服用方法や副作用についてもきちんと理解しておきましょう。
緩やかに効果が出るので副作用が性行為に影響を与えることはそれほどありません。