パートナーとの関係において、セックスは非常に大切なものであり、そのことが別離の原因になることも少なくありません。
そこで、様々なED治療薬が開発され、現在ではその特徴を把握することで治療薬を使い分ける人も少なくありません。
その観点から言えば、レビトラは即効性を重要視する男性にとって最適なED治療薬であると言えます。

個人差はあるにせよレビトラの場合、早ければ服用後20分程度で効果が実感し40分から1時間後には最高血中濃度に達しますから、その即効性は他の追随を許しません。
また、レビトラには有効成分の含有量によって5mg、10mg、20mgの3種類がありますが、20mgの場合だと8~10時間は効果が持続する上、軽めの食事であれば直後に服用しても効果が半減することはありません。
したがって、レビトラは服用するタイミングに縛られることがないのも大きな特徴です。

レビトラの即効性は、その有効成分であるバルデナフィル塩酸塩の性質によってもたらされています。
バルデナフィル塩酸塩は、他のED治療薬と同様に勃起を阻害する原因である酵素の分泌を阻止し、陰茎部を弛緩して血行を促すことで、正常な勃起をサポートします。
また、非常に水溶性が高いため体内に吸収しやすいといった特徴を持っています。
さらに即効性の高さは、勃起時の強度にも大きく影響を与えており、急速に血液を陰茎部に集めることから、強力な硬さが期待できます。

ただし、レビトラの血行促進作用は頭痛や火照り、動悸、息切れ、鼻詰まり、下痢といった副作用を引き起こしやすく、特に火照りについては服用した7割程度の人が実感しています。
もちろん、これらは軽微なものでありレビトラの効果が現れたサインでもありますが、心臓疾患や糖尿病、血圧症などの持病がある場合には強い副作用を引き起こすことがありますから注意が必要です。
特に硝酸剤などを含んだ治療薬は併用禁止薬となりますから、レビトラと併用することはできません。

このようにレビトラは即効性と強度に大きな特徴があるED治療薬ですが、効果が大きい分、副作用を引き起こすリスクもありますから、その効果を最大限に発揮させるためにも用法をしっかりと守ることが大切です。

レビトラの効果をしっかり発揮する正しい飲み方とは?

レビトラは食事の影響をやや受けてしまうため、即効性を期待する方は空腹時に飲むのがおすすめです。
どのような薬にも言えることですが、効果を最大限に発揮させるためには飲み方があります。

間違った飲み方をして効果が半減してしまうのは非常にもったいないです。
もともとレビトラの有効成分であるバルデナフィル塩酸塩は、素早く溶けて体内に吸収されます。
吸収性がよいので素早い勃起が可能で、即効性と強力さを両立した薬と言えるでしょう。

副作用は頭痛・ほてり・鼻づまりなどがありますが、これらは血行が促進されることによる一時的な症状です。
日常生活に支障が出るレベルではなく、薬効の消失とともに副作用も消えるでしょう。
レビトラはアルコールで飲むと薬効が強力になりすぎる可能性があるので、お酒は適量に抑えてください。
アルコールは一時的に血流を促進するので、ED治療薬の作用を高くするわけです。

勃起力をフルに発揮させるためには、性的興奮をピークにしておく工夫も必要です。
ペニスを元気にするためには、性欲が何よりも欠かせません。
性欲を感じたペニスはいつも以上に硬くなるので、女性を喜ばせることができるでしょう。
女性はサイズを重視すると考えている男性が多いですが、一番求めているのは硬さです。

レビトラの特徴である即効性は、早ければ15~20分程度で発揮されます。
勃起力を発揮できた時点で性行為を始めてもまったく問題ありません。
レビトラを服用したから今日は大丈夫と暗示をかけておくことが、効果を最大限に引き出すコツです。
効果が減退してしまう理由として不安や悩みがあるので、セックスをするときはすべて頭から消してください。
雑念を取り払うことがレビトラの効果を最大限に発揮させるコツです。