バイアグラは主成分にシルデナフィルを使用しているED治療薬の分野での先発医薬品です。
このバイアグラの開発でED治療薬は格段に進歩し、それからもシルデナフィルを主成分としたED治療薬が、後発医薬品として多くの種類が販売されていきました。
主成分として使われているシルデナフィルはPDE阻害薬とも呼ばれていて、血行不良の原因に多いPDE5という酵素を血管の筋肉に近づかせない働きが有ります。
血液というのは血管の筋肉の収縮運動で前方に移動されることで流れていくのですが、加齢や生活習慣の乱れからこの血管の筋肉が硬くなったまま緩まなくなり、血管が狭くなって血行不良の原因になっているのが分かっています。

勃起は陰茎の海綿体にある毛細血管に血液が増量されることで起きる現象であるので、勃起するのに血流量が不足している状態は致命的な問題となります。
バイアグラはこの血行不良を一時的に血管を拡張することで改善させ、勃起を促して性行為を可能としてくれるのですが、その高い効果から副作用を生じてしまうのは仕方ありません。

特に糖尿病を患っている人がこのバイアグラを服用すれば、急激な血圧低下で副作用が重症化する可能性もあるでしょう。
副作用が気になるのであれば、後発のED治療薬を使用するのもいい方法です。
後発の治療品は副作用を少なくするために処置が施されていて、先発医薬品よりも副作用は軽減するようになっているからです。

それでも血圧低下は避けられないので後発医薬品であっても糖尿病患者の服用は制限されていますが、そうでなければ副作用が少なくなった後発医薬品を使って副作用に悩まずに性行為をするのもいいでしょう。
男性でEDになってしまう割合は世界中でも高くなっていて、決して他人事の問題とは言えません。
いつ自分がEDの症状を発症するのか分からないのですから、そのための対応として知識を習得しておくというのは、とても大切な行為になっていきます。

バイアグラの欠点は食事の影響を受けやすい点

EDには様々な原因があります。
糖尿病もEDの原因の1つとされており、多くの糖尿病患者がEDも併発しています。
病院で糖尿病を原因とするEDの治療を行う場合には、バイアグラなどのED治療薬が使用されます。
バイアグラや後発医薬品は個人輸入することも可能ですが、糖尿病には高血圧を伴うことがあるので病院で治療を受ける必要があります。

バイアグラには健康上の問題により服用できない場合が存在します。
ただし高血圧や低血圧の場合は、病院で適切な治療を受けていれば服用可能です。
バイアグラの主成分であるシルデナフィルは血管を拡張して血流を促進します。
血流が促進されると海綿体に血液が流入してペニスが勃起しやすくなります。

一方血管が拡張されて血圧が低下するため、副作用として軽いめまいを生じます。
また脳の血管が拡張されると周辺の神経が刺激されるため頭痛が起こります。
その他にも血流の促進による顔のほてりや鼻づまり、消化不良などの副作用が存在します。
これらの副作用は基本的に軽く、数時間経過すれば自然と回復します。

バイアグラの後発医薬品にもシルデナフィルが含まれているので、効果や副作用なども同様です。
バイアグラの後発医薬品には国産のものと外国産のものがあります。
外国産は主にインドで製造されており、先発医薬品と比較して価格が非常に安価です。
シルデナフィルは即効性があるので、空腹時に服用すれば約30分で効果が現れます。
血中濃度は約1時間で最大となるため、性行為の1時間前に水かぬるま湯で服用するのが一般的です。

シルデナフィルは短時間で強力にペニスを勃起させることができますが、軽度の副作用も存在します。
またシルデナフィルは食事の影響を受けやすいので、空腹時に服用するのが基本です。
食後に服用する場合は消化するまで待つ必要があります。
軽い食事であれば2時間ほどで消化しますが、脂肪分の多い食事を摂取した場合は6時間から7時間ほど間隔を空けます。